『卵の緒』すずえ さん になりたい

【旧ブログ・小さな部屋の小さな楽しみ♪】

私の憧れの人、鈴江 君子さん。
私のHNの、suzue_1224 は、鈴江さんから拝借。

鈴江君子さんは、私の大好きな小説『卵の緒 』に出てきます。
娘の本ですが、ふと手に取って読んだ日から、私の憧れの人、鈴江君子さん
とってもお料理上手な鈴江君子さんなので、そこから私と大違い……

だけど、料理の上手や下手は関係なく、「誰に食べさせたいか」「誰と食べたいか」
の方が大切だと、この本を読んで勝手に解釈してます。

この本を読んでいると、心が温かくなって、常識と思っている事でも、実はそんなに重要じゃないって思えます。

こうじゃなきゃダメと決めつけず、もっと自由に人生を楽しんでいいんだと思えます。

昨晩、次女を宿題の事でこっぴどく叱ってしまいました。あんなに怒ることはなかったと反省です。

「ごめんね」をいつも先に言うのは次女。私はうーんと後でやっとこさ言えました。
こういう時、次女の方が偉いなって思います。

『卵の緒 』は、心がモヤモヤしたり、子育てに迷ったり、ストレスがたまった時、私の薬のような本です。
私も鈴江君子さんのように、自分に正直で、愛情深くて、当たり前の事や常識に振り回されずに明るく楽しく過ごしたい!って思います。