ADHD・高校での凸凹の支援

【旧ブログ・いつでもJUMP!ときどきWALK?まだまだ続く凸凹道♪】
★長女・高校1年生★

春休みになりました。
高校1年生の1年間は、夏休みも冬休みも課外に追われ(・_・;)
ほぼ毎日お弁当を作っていたような気がしますが、
この春休みだけは課外もなく!お弁当から解放されて
嬉しくて嬉しくて。(^.^)
新学期が始まったら5時起きなので、今のうちにゆっくりします。ヽ(*´^`)ノ

 

高校の合格者説明会で、
法律が変わりました。発達障害の診断がされていなくても相談に乗ります
という紙が全保護者に配布されたので、
入学式に長女の発達障がいを担任に伝えました。(トットは診断済み)

1年間を振り返って、学校がトットにしてくれた支援って何かあったかな?
と思い出しますが、特にこれといった支援はありませんでしたが、
怠けている、努力しないと、誤解されやすい長女を温かく見守ってもらえました。

遅刻が多かったので、職員会議ではしょっちゅう名前が挙がっていたそうですが(^_^;)
遅刻さえなければ……もったいないと言われていたそうです。

板書が苦手なことも伝えていましたが、高校では板書をとても頑張っていました。
長女にしては、ノートも取れていたと思います。
学校側は、板書ができないことに対してどのような策をとったらいいのか
考えてはくれていましたが、想像以上に長女が頑張ったので、
特に対策はしなくてよかったそうです。

人間関係では、長女が落ち込んだりイライラしていると、
担任が長女を呼び出して話を聞いてくれたり、
家での様子を聞くために担任が私に電話をしてくれたり、
本当にありがたかったです。
おかげで女子ばかりのクラスでも楽しく過ごせました。

400人も生徒がいる中で、どの教科の先生からも誤解を受けることなく
気にかけてもらえたので、伝えてよかったと思いました

保健室の先生も、長女に会えば声を掛けてくれていました。
周りのお友達から
「長女ちゃん、いつも先生たちに声を掛けられてない?」
って言われるほどなので……
本当に声を掛けてくれていたようです。

お友達には、遅刻が多く、喘息の持病があるからと説明すると
納得してくれたそうです。

遅刻が多い長女は、高校の職員会議に名前が挙がるリストに載っていると、
クラスのお友達から言われています。(笑)
実際に職員会議リストがあるかは分かりませんが、
それだけ遅刻が多いということです(-_-;))

4月からは高校2年生。
目標は遅刻をしない!ですね。

頑張ってもらいましょう!

f:id:jibun_iyashi:20211029223936g:plain

イラスト提供:ふわふわ。り