目標は早寝早起き『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』を読んで

【旧ブログ・いつでもJUMP!ときどきWALK?まだまだ続く凸凹道♪】

我が家にはテレビがないので、栗原類さんを知りませんでした。
Yahoo!ニュースで、発達障害をカミングアウトされ、本を出したことを知りました。
ずっと読みたいと思っていたので、書店で見つけてすぐに購入しました。

『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』

本の内容は、栗原類さんの小さい頃から現在までの様子が書かれています。
長女と栗原類さんは、特性がよく似ています。

長女曰く、「言われたこと」「やらねばならぬこと」を繰り返し教えても、なかなか身につかないのは、寝たらすぐに忘れるからだそうです。
その代わり、長女も類さんも、嫌なことをいつまでも引きずらないようです。
全て寝たらすぐに忘れるから!

類さんのお母様も発達障がいと診断された話も書かれています。

お母様が類さんに、小さい頃から教えてきたことが書かれています。
同じ~!私も長女に教えてるって思うこともありましたし、なるほど!と、思うこともありました。

この本を読んで我が家が実行しよう!と始めたのが早寝早起きです。
栗原類さんのお母様は、早寝早起きを生活の中で大切にしています。

我が家の娘たちは、睡眠に生活を左右されやすいです。
脳を休めるためにも、寝る1時間前はスマホは見ないようにし、早く寝て、朝の時間を有効に使えるように頑張っていますが……これがなかなか難しい!

私も夏から体調を崩し、今、人生でMaxに体調不良です。ストレスと睡眠不足が体に反応として出てきてしまいました。
仕事があるので、毎日同じ時間に寝ることはできませんが、できるだけ早寝早起きを目標にしようと思います。早寝早起きは、心の安定にもつながるようですね。
(早くスマホの電源を切れば、ストレスとなるラインも返信を気にせずにいられます)

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * …

 

遅刻常習犯の長女、スマホも9時には電源を落とし、11時には寝ていますが……
3学期は学校からの電話がとにかく多かった!!

まだ学校に来ていませんと……

このままでは単位が危ない教科も!と、担任はとても心配してくださって、1時間目に来ていないと私に電話がかかります。

小さい頃から、普通の子ども以上に睡眠を必要とする子ではありましたが、高校生になってまでとは思いませんでした。

朝は起こさない。自己責任!

という方針の我が家ですが、そういう訳にもいかなくなりました。

1時間目に間に合いそうにない時だけ起こすようにしています。
朝の課外は遅刻しても、非正規の授業なので遅刻にはなりません。
その代わり、朝課外に出なかった罰として、テスト前に単語を3時間ぶっ通しで書かせられます。

3学期も残り一か月を切りました。
今のところ、私に起こされなくても自分で起きて朝課外から行っています。
単位が危ないという長女がが思ってもいなかった事態に
ヤバい!と、気が付いたようです。←気が付くの遅い!!

ADHDの子は、どんなに言って聞かせても
自分で気が付くしかないのだと、長女を育てて何度も思い知らされました。
失敗する前に、アドバイスしても全く届きません。
痛い目に合ってみないと分からないのです。

 

二女は自分で起きて、早く家を出て、学校の朝掃除のお手伝いをしています。
手伝いたい人が手伝う自由な参加のお掃除です。
チラチラ雪が降る中で、草をむしっている姿に感心しました。
その代わり、少しでも寝坊すると、朝ごはんも食べずに学校へ行ってしまいます。
大泣きで行きます。
遅刻でもないし、朝掃除のお手伝いも少し参加できるのに、自分で行くと決めた時間に間に合わないとパニックになるのです。

長女と二女、足して2で割ったらちょうどいいんですけどね……